DOWNLOAD

資料ダウンロード

Case

賛同企業と取り組み事例

わたしたちのスキームをご活用いただいている賛同企業様のサステナビリティプロジェクトのご紹介と、
再生繊維フェルト(Rebornfiber™)素材をご採用いただいた企業様によるお取組み事例のご紹介です。

増成織ネーム株式会社様

エコ素材のノベルティグッズ開発

廃棄繊維を活かした増成オリジナルグッズ『REBIRTH』

オリジナル商品のOEM、ノベルティグッズの制作を行う増成織ネーム様にて、当社の再生繊維フェルト(Rebornfiber™)ボード・シートを使用した新しいサステナブルブランド『REBIRTH』の展開をスタートいただきました。

昨今ノベルティグッズにも環境配慮やSDGsの観点が重視されているニーズに応えるべく、キーホルダー・カップホルダーなどのバラマキにピッタリな小物類から、社内啓蒙や展示会で使える置時計やディスプレイ什器まで、グッズ制作のプロである増成織ネーム様ならではのユニークかつ実用的なエコ素材のアイテムが揃っています。



増成織ネーム株式会社 HPはこちら

株式会社三陽商会 様(施工:㈱ファイブカセット 様

「SANYO Style STORE」回収BOX

三陽商会様が2023年から展開している婦人服ブランドを集めた複合型コンセプトショップ「SANYO Style STORE(サンヨー・スタイルストア)」にて、弊社の再生繊維フェルトボードを使用した回収BOXを設置いただきました。

今回ご使用いただいた麻の再生繊維フェルト材は、コーヒー豆の輸入時に排出される麻袋が原料となっており、薄いブラウンカラーがまるで木のようにナチュラルな風合いのため、再生素材の中でも空間づくりにおいて相性が良い素材です。

施工担当の株式会社ファイブカセット様が手掛けたこの回収BOXは、シンプルなデザインでありながらも存在感は抜群。来る人の目に留まりやすいオシャレな店頭ツールに仕上がっています。


三陽商会様では衣類回収や再生素材の活用によるサステナブルな店舗づくりはもちろん、自社で製造・販売した衣類の補修サービスの展開も行い、服を長く愛用してもらうための仕組みづくりにも力を入れています。

株式会社三陽商会 HPはこちら
株式会社ファイブカセット HPはこちら

株式会社NHKアート 様

環境に配慮したオリジナルオフィス什器の開発

素材から組み立て、廃棄まで環境に配慮したオリジナルオフィス什器

NHKの番組美術をリアルからデジタルまでワンストップで担う総合美術会社、(株)NHKアート様が推進する「美術制作の環境負荷削減対応プロジェクト」において、弊社の再生繊維フェルトボードをご採用いただきました。今回のお取組みでは、長年NHKアート様が業務でご使用されて廃棄が決まった衣料品を原料に、オリジナルの再生繊維フェルトボードを製造。その素材を使用してオリジナルオフィス什器(パーティション)の開発し新オフィスへの導入を行っていただきました。卓上パーティションの組み立てには、接着剤のかわりに紐を使用することでレイアウト変更の際も組み換えしやすい仕様となり、また将来的に廃棄する場合も木材とボー ドに簡単に分別してリサイクルしやすい設計で、運用から廃棄までを考慮した「環境にやさしい施工」に挑戦。番組美術で磨かれた制作スキルと知見を活かしたNHKアート様らしいお取組となりました。


この他、社内の事務用品として同素材を使用したオリジナルのバインダーも制作いただいております。詳しくはNHKアート様のニュースレターをご覧ください。

■ニュースレター
1.環境に配慮したオリジナルオフィス什器の開発
2.テレビ美術の知見を生かし環境に配慮したオリジナルの社内備品を制作

株式会社 NHKアート(エヌ・エイチ・ケイ・アート)
公式HPはこちら

シナジーメディア株式会社​ 様

GREEN UPCYCLE®プロジェクト

「燃やさない」という選択肢で、新たな価値を。

をコンセプトに掲げ立ち上がったシナジーメディア様のGREENUPCYCLEプロジェクトのサポートを行っています。
シナジーメディア様はこのプロジェクトを通じて、アパレル・スポーツメーカーをはじめ、商業施設様や市区町村・教育機関と共に、アパレル製品製造の際に排出される残布や古着、廃棄在庫等を解繊繊維・解繊綿に再生加工した資材を用いて、サステナブルを目的として作成した商品の活用の幅を広げています。また生活者にもアップサイクルについて知ってもらいたいという想いから、楽しみながら日常に取り入れてもらうための様々な工夫を行っています。
そのため、活動は自社企画の展示会や地域のサステナブルイベントへの参加、アーティストコラボ商品の開発などにも積極的で、サステナブル商品のあらゆる可能性にチャレンジし続けています。




シナジーメディア株式会社
GREEN UPCYCLE PROJECT公式HPはこちら